一般的に、家畜化によって、動物には以下のような変化が生じる。

  • 気性がおとなしくなり、人間に服従しやすくなる。
  • 脳が縮小する。
  • 人間にとって有用な部位が肥大化する。

これらは、どちらかと言えば人為的選択による変化である。それ以外に、副次的に以下のような変異があると言われる。

  • 繁殖時期が幅広くなる。
  • 斑紋など外形の多様性が大きくなる。
  • 病気等に弱くなる。
  • 生活環を全うするのに人間の手助けが必要になる。

このような現象は、人間の保護下にあることで、自然選択の圧力かがかからなくなるために引き起こされるものと考えられる。同様の傾向がヒトにも見られ、これを自己家畜化と言う。

海外(英語)版のタイトルは「Bust a Groove」。これは、パズルボブルタイトー)が海外名「Bust a move」で先に海外発売されていたため。
テレシコワは軌道上から「ヤー チャイカ」と送信し、これが日本語では「私はかもめ」と訳されたため、当時の流行語となった。日本語訳に際して、この言葉はチェーホフの戯曲『かもめ』からの引用であると説明されたが、実際には「こちらはかもめ」と応答したに過ぎない。
結果的にすべての局がだまれたのだから、自分の局だけじゃない。たいした問題にならずに済んでホッとした
  • 10代~20代、もしくは30代~40代、または50代以上の人物。
  • 日本人あるいは外国人男性もしくは女性
  • 計画的な犯行でなければ突発的な犯行の可性。
  • 病院への通院歴がある。ただし必ずしもそうとは言えない。
  • 無職である可性が高いが学生もしくは何らかの職についている可性もある。
  • 単独犯もしくは複数で犯行を行っている。
  • 恨もしくは突発的な犯行。
  • 土地勘の有る人物、もしくは流しの犯行。
  • 家族構成に詳しい人、または全く関係のない人物。
  • のある人。ただし必ずそうとは言えない。
  • の運転が出来る人だが、その人自身は運転が出来ない可性もある。
西暦14000年頃には天の北極はこと座ベガ近くに移動する。
会ったことのない人は友達から消そう
Reblogged from katoyuu
みんなちょっとずつ、自分のラインを引いて、それがOKじゃないと困るんだっていうのが見えてくるんですよ。そこが今の見どころだと思うんですよね。
FEは大量のザコ敵が出てきて追撃の概念があって、闘技場で数十時間時間潰せて、と戦闘の試行回数が非常に多いゲーム
試行回数が増えるということはプレイヤーは必然的に、ほぼ確に命中する攻撃を外してしまったり、
確率で命中する攻撃に当たったりする体験をすることも多くなる。
で、人間っていうのは悪い記憶ばっかり印に残るから、「COMはズルしてる」みたいに思う人もいる。
こういう感覚は、例えばスパロボFで命中率80%代の攻撃を外しまくった(ように感じた)り、
命中率5%以下の攻撃に命中してショウが撃墜されたりした人には分かると思う。

なんで効命中率なんて変な仕様が存在するのかというと、
それは上記のような、SRPGに往々として存在する違和感(プレイヤーの思い違い)を和らげるためだよ。
日本が「肩こり」に関して他の国と明確に違う点は、「疲れたら肩がこる」「気が張ったら肩がこる」「歳喰ったら肩がこる」「巨乳だと肩がこる」っていう言い回しを、老若男女、多くの人が信じている。

幼稚園・小学生くらいの時に、「肩たたき券」を作ってジジババにあげたりしませんでした?

ドラマを見ると、疲れた女優が肩を押さえているし、CMを見ると、「目・肩・腰に○○○○○A!!」みたいなのもバンバン流れますしね。

もうね、「肩がこる」のがデフォルトなわけですね。日本人の総意として。
 『肩こり』という表現は、実は日本特有のものなのです。
 もちろん欧米人にも『肩こり』と同じような症状は起こりますが、彼らは『肩こり』という表現はあまりしません。「首が痛い」とか「背中から肩にかけてしびれる」などというように、具体的な場所や状態を説明することが多いそうです。

—-実際に戦ってみて、コンピュータの実力をどう感じましたか?

 「強かったです。人間は、自分が不利になりそうな変化は怖くて、読みたくないから、もっと安全な道を行こうとしますよね。でも、コンピュータは怖がらずにちゃんと読んで、踏み込んでくる。強いはずですよ。

 怖がらない、疲れない、勝ちたいと思わない、ボコボコにされても最後まであきらめない。これはみんな、本当は人間の棋士にとって必要なことなのだとわかりました。