特典握手会付きの無音CD(ローラの一月後に発売しようと提案したが通らなかった)を売っていたとしたら確実に今回の4.3万枚を上回っていたと思います。
ジムに通っているのですが、次の日になかなか疲れが取れなくて困っていました。
トレーナーの人に相談したところプロテインを使ったほうがいいと言われたので、
使い始めました。

いつもはバスロマンを使っているのですが、ジムでトレーニングした日はこっちを入れています。
お湯によく溶けるので使いやすいです。
ココアの香りもグッドです。

ただし、湯船から上がるときはシャワーで流さないとカピカピになります。
1000mlの牛乳パックのおおよその寸法(内寸)は70mm×70mm×194mmです。これを計算すると950.6mlとなり1000mに足りません。ところが牛乳などの飲料を入れると牛乳パックの内壁に圧力がかかり膨らみます。
基本的に野生動物の耳垢は、自然に出てしまうので溜まらないとされる。ただし、クジラの仲間に限っては耳の構造上耳垢が出ることはなく、死ぬまで溜まり続け耳垢栓となる。この耳垢栓には年輪のような筋があり、クジラの年齢を推測する事が出来る為、調査捕鯨などでは耳垢栓を回収するために、それを破壊しないように捕獲する必要がある。
湿った耳垢の人は体質的に体臭が強い傾向がある。 これは耳垢が湿るのが、耳の中にあるアポクリン腺から分泌されるが原因であり、汗の多い人は体臭の原因のひとつとされるアポクリン腺の量が比較的多いからである[1]
通称「ギュッポン」「ボンテン」「ガッポン」「スッポン」。使用するときに発する音を擬音化した呼び方や、地方によっては「ズッコン」や「パッコン」、「バッコン」「ヘプシ」「カッポン」「キュッポン」「キュッポンキュッポン」、「パフパフ」「キュポキュポ」などとも呼ばれる。
当初はプレイヤーIDによってソフト1本毎に登場するポケモンが異なるという仕様だったが、複雑になりすぎるということで任天堂の宮本茂の提案により、2種類に分けて発売する手法が採られた。
曲名の和訳は、「おお、私の太陽」は間違いで、「私の太陽」が正しい)。
実は旅客機のボディーに乗客用の窓を付けるということ自体、構造が弱体化する原因になります。

一般的に、家畜化によって、動物には以下のような変化が生じる。

  • 気性がおとなしくなり、人間に服従しやすくなる。
  • 脳が縮小する。
  • 人間にとって有用な部位が肥大化する。

これらは、どちらかと言えば人為的選択による変化である。それ以外に、副次的に以下のような変異があると言われる。

  • 繁殖時期が幅広くなる。
  • 斑紋など外形の多様性が大きくなる。
  • 病気等に弱くなる。
  • 生活環を全うするのに人間の手助けが必要になる。

このような現象は、人間の保護下にあることで、自然選択の圧力かがかからなくなるために引き起こされるものと考えられる。同様の傾向がヒトにも見られ、これを自己家畜化と言う。

海外(英語)版のタイトルは「Bust a Groove」。これは、パズルボブルタイトー)が海外名「Bust a move」で先に海外発売されていたため。
テレシコワは軌道上から「ヤー チャイカ」と送信し、これが日本語では「私はかもめ」と訳されたため、当時の流行語となった。日本語訳に際して、この言葉はチェーホフの戯曲『かもめ』からの引用であると説明されたが、実際には「こちらはかもめ」と応答したに過ぎない。
結果的にすべての局がだまれたのだから、自分の局だけじゃない。たいした問題にならずに済んでホッとした